ゆかし【浪人記】

浪人中のメモを書いています

MENU

浪人生、『失敗は成功の基』に感銘を受ける

浪人生にとって足りないものの一つに、「自己肯定感」があります。

模試でいい判定が出たりすると自己肯定感が上がるのかもしれませんが、まだ何の模試も返ってきていないのでずっと低いままです。

そんな時、ことわざ偉人の言葉は自分を肯定してくれます。

その言葉の意味や言われた背景が自分に合わないものだったとしても、自分を肯定してくれているように聞こえるのです。

 

たとえば『失敗は成功の基』

コトバンクによると、このように書かれています。

失敗してもそれを反省し、欠点やこれまでの方法の悪い点を改めてゆけば、かえって成功に近づくというたとえ。

もう”まさに”って感じですよね。

浪人は悪いことじゃないんだよと。

なんで落ちたかを分析してちゃんと勉強すれば(※重要)次は受かるよと。

(もともとそういうことわざですけど)

生活の中でこういう言葉に触れると本当に自己肯定感が上がりますね。

これで落ち込んだ時も今年落ちたのは来年受かることに繋がっていると思って頑張れます。

昔の人、ありがとう。

河合塾の添削課題なるもの

浪人生にも「課題」なるものが存在するとは思っていませんでした...

日々の予習復習だけでも忙しい中、課題まで提出しなければいけないとなるとかなりきつかったですね。

(内容は京大対策の難しめの問題で、添削してもらえること自体はとてもありがたかったです。)

問題を解いて写真を撮り、添削システムにアップロードすると採点してもらえるのですが、提出した翌日には一部返却されていてびっくりしました。

数十人、あるいは数百人分の答案を人力で添削するのですから、講師も大変ですよね(^^;

 

5月ももう中旬ですが、4月に予備校(河合塾)に通いだしてからそんなに時が経ったという実感はあまりありません。

今月はちょっと、というかかなりこの浪人記を書く回数が減ってしまいました。

とは言っても意図的に減らしたわけではなく、書きたいことがあるときに書いていたらこんな感じになりました。

時間をかけすぎるよりはこれくらいの頻度で書く方がいいんじゃないかなー、と自分としては思っています。

浪人は4月5月がべらぼうに長い!!みたいな話も耳にするので、とりあえず5月を頑張って乗り越えたいと思います。

チューターと面談した(初)

今日はチューターと二者面談をしました。

(チューターは授業をしない担任みたいなものです)

去年河合塾に行っていたときは大学生のチューターが担当してくれていましたが、

今年は大学受験科ということで大人(社員?)のチューターさんでした。

自分から話すことは特にないなーと思って面談に行ったのですが、思った通りあまり話すことはありませんでした。

「塾に慣れたか」とか「どんな感じで勉強してるか」とか、ほとんどありがちな質問に答えるだけだった気がします。

最後に夏までの具体的な目標を決めて終わりました。

思ったよりもフレンドリーな感じでよかったです。

共通テスト模試の自己採点

共テ模試の問題用紙が返ってきたので自己採点しました。

うーん、、、

目標点数は取れませんでした。

特に古文、数学、物理はもう少し取りたかったです。

数学は分からなかったところで時間を使いすぎてしまったことが原因ですね。

物理は忘れてる分野がありました。

古文は古文単語の知識が根本的に不足しているかもしれないので、勉強の仕方を一度見直そうと思います。

どの科目も見直し・復習がとても大切だと思うので、週末などに復習しようと思います。

 

yukashi.hatenablog.jp

玉置先生(神)の話

先日、玉置先生のありがたいお話を聞く機会がありました。

(玉置先生というのは、受験英語界のトップの講師のうちの一人で、英文読解の透視図の著者の玉置全人先生です。知らないという方はぜひYouTubeなどで検索してみてください。)

去年も一応河合塾に行っていたのですが、喋ってる玉置先生を生で見たのは初めてでした。

思っていたよりもずっと迫力があって、浪人生にはグサグサ刺さる話をしてくださいました。

正直ちょっとオーバーだと感じる部分もありましたが、玉置先生のお話の印象も時間が経つにつれて薄れていってしまうと思うので、オーバーなくらいがちょうど良かったのかもしれません。

先生が「1日15時間勉強しろ」と仰るのも、本当に毎日15時間やれというよりは「15時間やるぞ」くらいの覚悟をもって勉強しろということなのでしょう。

他にも夏休みやそれまでの期間をどう過ごすべきかなど、ありがたいお話をたくさん聞くことができました。

かなりモチベーションが上がったので自分も1日15時間目指して勉強してみようと思います。